【経験談】現役臨床工学技士が年収やキツさなどの気になる部分について話す

こんにちは、歩夢です。

今回は、【臨床工学技士】という仕事について話したいと思う。

今現在目指している人にしか興味ないと思うので、そうじゃない人はスルーして下さい。

僕は21歳で専門学校を卒業して、臨床工学技士として働き始めました。

正直どんな仕事かよくわからないまま入学して、実際にイメージが湧いてきたのが実習を終えてから。

周りを見ても同じような状況な人は多いはず!

そこで、臨床工学技士ってどんな感じなのか、かなり現実的なことを話そうと思う。

おおまかな仕事の内容は教科書やネットを見ればすぐ出てくるから、そうじゃない部分について。

実習で、「この仕事楽しいですか?」とか聞きづらいよね。(笑)

 

心臓か腎臓か

働くにあたってまず考えるべきなのが、人工心肺と透析のどちらをメインでやるのか。もちろんこれだけじゃないが、とりあえずこの二つを両方無視して働くのは厳しいので。

学生の頃って漠然と「大きな病院でいろいろ学べるところ!」ってなりがち。

でもたいして興味もないのに、心肺に力入れてる病院へ就職したら痛い目をみることになるかも。

そこでそれぞれの良いところと悪いところを。

人工心肺の良いところと悪いところ

人工心肺の良いところ

  • 臨床工学技士として必要な知識が豊富になる
  • 人工心肺に必要な技術が身につく
  • 病院への転職が有利になる
  • 透析よりは給料が上がりやすい
  • いろいろな職種の人と関われる

 

人工心肺の悪いところ

  • 拘束時間がとにかく長い
  • 自宅待機がある
  • 急な呼び出しがある(オンコール)
  • 仕事のプレッシャーが大きい
  • 必要な勉強量が多い

 

特にオンコールは、まじで精神的にキツイ。夜中に呼び出されたり、仕事後に帰宅してから呼び出されたりと。

もちろん、オンコールの可能性がある日は飲酒も出来ないし、友達とも会えない。

朝から仕事→夜中にオンコール→シフト通り朝から仕事(寝てない)

みたいな超ブラックな内容が病院では当たり前。なので、なんとなく人工心肺やってる病院に就職すると、精神的に辛くてすぐに退職する可能性がある。

あと知り合いに、手術中にミスがあり患者が亡くなった人がいます。周りからは、あなたのせいじゃないと言われたらしいんだけど、怖くなってしまい、技士を続けられなくなりました。人工心肺は透析よりも命に直結するので、働く側にとってもリスクがあることをよく理解しておこう。

 

透析の良いところと悪いところ

透析の良いところ

  • 穿刺技術が身につく
  • 拘束時間がはっきりしてる
  • 日曜日は休み
  • 自宅待機がない
  • 全国のあらゆる場所で転職に困らない

 

透析の悪いところ

  • 関わるスタッフが限定的になりがち
  • 毎日同じことの繰り返し
  • 患者からのクレームが多い
  • 一度患者に嫌われると、かなり大変
  • 職場によっては雑用が多い
  • 透析患者が減っている

 

仕事よりプライベートを充実させたいって人は絶対に透析がおすすめ。院外で呼び出されることなんてほぼないし、基本的に日曜日は休みなので、予定を合わせやすい。なので病院に比べ女性の技士が多い。子供がいる主婦にとって日曜日休みってのは大事ですよね。

逆に言うと、やりがいは感じづらい。技士の立ち位置が明確になってない職場だと尚更。毎日同じことの繰り返しだし、看護師メインの透析室が多いからね。看護師と臨床工学技士がそれぞれ独立しているか就職前によく見た方がいい。病院だとわりと独立してるが、クリニックは看護師の下に技士ってところが多い印象。そうなると、この仕事は本当につまらなくなる。

 

臨床工学技士として仕事の楽しさを求めるなら

コメディカルは基本的に医師の指示が必要だ。しかし、自分達の知識や経験をもとに提案することはできる。どんな仕事でも指示されたことをやっているだけでは楽しくならない。

呼吸器一つとっても、ただ機械チェックしている病院と離脱に向け医師にモードを提案する病院とがある。楽しいのも、やりがいを感じるのも間違いなく後者だろう。職場を選ぶなら自分の頭を使って働ける病院を選ぼう。

心臓と腎臓で大きく分けたが、もちろんそれだけじゃなく、呼吸器や眼科など違うジャンルもある。同じ資格でも仕事の内容が全く異なるのは、この仕事の特徴の一つだ。楽しいと感じるポイントは人によってさまざまなので、いろいろ試してみるといい。

ただ、何をするにしても大きな病院ほど一歩踏み込んだことをしている。自分の興味あるジャンルが決まっていない場合は、大きい病院で挑戦した方が見える景色は全く違ったものになる。

 

臨床工学技士の給料ってどうなの?

働く前に最も気になることが給料かもしれない。そこではっきり言おう。

臨床工学技士は給料少ない!

新卒で働いた場合は、だいたい平均年収くらいと思っていい。つまりスタートラインは悪くない。問題は、なかなか昇給しないこと。クリニックだと1年で月収が2000円、病院だと5000円上がるくらい。そこに役職がつけば役職手当がつく。まれに年収1000万以上の技士もいるが、ほとんどは400~600万程度だ。

僕は東京在住だが、もちろん地方の方が少ない。

一度沖縄に引っ越そうと考えたことがあったが給料少なすぎてやめたもんな。

とにかく給料はあまり期待しない方がいい。その代わり食いっぱぐれることはないかな。

【臨床工学技士】30歳以上で資格とっても就職の心配はしなくて大丈夫!

2019.02.28

臨床工学技士として働く前に

これから、臨床工学技士として働こうと思っているなら、それぞれの分野における業務形態を理解しておくこと。

まじでオンコールの存在とか、入学する前に知りたかった。そしたらこの仕事を選ばなかったかもしれん(笑)

そして出来るだけ大きめの病院で働こう!小さな透析室や眼科でやりがいを見出すのはなかなか大変。

最後に、給料は少ない!でも人に感謝される!

おわりっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA